この夏、「aim@」という最新のICT教材を利用して学習を進めています。
すごいのは、生徒の取り組む問題量です。
英語がそんなに好きではない生徒も3時間ほとんど休みなく、英語の問題に向き合っています。
重要事項の確認をして、確認のための語句の並び替えの問題、そして単語を入力して答える穴埋めの問題と進んでいきます。できそうな問題から難しい問題へと問題が配列されています。
間違った問題に対して苦手問題の類題も出題されます。苦手問題を解くことにより分かりづらかった問題ができるようになっています。

コンテンツも豊富で、1学期の復習であったり、または、単元別に学年をさかのぼって復習もできます。

復習が進めば、2学期の予習を進めることもできるようになっています。

夏期講習の終わりにあるテストで結果がでるように残りの期間も進めていきます。