千葉県東金市にある学習塾です。効率よく学習を進めることができ、復習も予習もはかどります。 子どもたちの個性を見極めて、必要な学習内容と最適な学習方法を示します。 子供たちの力を最大限に伸ばします。

小学5年生5th-grade

小学5年生、割合の応用(文章)問題

計算の力のある生徒が次のような問題に挑戦しています。

まず、書いてある内容を理解しなければなりません。

割合の文章題の基本の問題の解き方を習得している必要があります。

小数の計算がしっかりできていないと解けません。

割合の学習が終わった人は、挑戦してみてください。

ある品物を1個3,600円で140個仕入れて、4割の利益を見込んだ定価で売ったところ、60個しか売れませんでした。

そこで残りを定価の20%割引で売ると全部売り切ることができました。

全体の利益はいくらになりますか。

割合の問題

割合の問題について。
割合の問題の種類は豊富です。
以下に代表的な問題を並べていきます。
栄翔塾では、その子のスタートラインを見極めながら、
これらの文章題を順を追ってできるようにしていきます。

0-1.「200円は100円の何倍ですか?」

0-2.「50円は100円の何倍ですか?」

1. 子どもが20人います。そのうち男の子は14人です。
男の子の人数は、こども全体の人数のどれだけの割合ですか。

2. さとるさんの身長は140cmです。弟の身長は、さとる算の身長の0.7の割合にあたります。
弟の身長は何cmですか。

3. ソフトボールのクラブの入部希望者は18人で、これは定員の0.9に割合にあたります。
ソフトクラブの定員は何人ですか。

4. ひろ子さんの組のきょうの出席者は38人で、欠席者は2人でした。
きょうの欠席者は、組全体のどれだけの割合ですか。

5. 去年200円のかんづめが、今年は40円値上がりしました。
今年のかんづめの値段は、去年の缶詰の値段のどれだけの割合ですか。

6. 定価500円のペンを400円で買いました。
安くしてくれた分は、定価のどれだけの割合にあたりますか。

7. 500円で仕入れたしょう油に、仕入れた値段の10%のもうけがあるように
定価をつけようと思います。定価を何円にすればよいでしょうか。

8. ひろみさんは、定価600円のくつ下を、定価の100%引きで買いました。
ひろみ算は何円は払いましたか。

9. ある品物に、仕入れたねだんの20%のもうけをふくめて450円の定価をつけました。
この品物を仕入れた値段は何円ですか。

10. きみ子さんが、定価の20%引きでメロンを買ったら660円でした。
このメロンの定価は何円ですか。

11. 50gの食塩を水に溶かして、500gの食塩水を作りました。
この食塩水の濃度は何%ですか。

12. 15gの食塩に水を加えて、□%の食塩水を100g作りました。
□にあてはまる数を求めなさい。

13. 5%の食塩水80gにふくまれている食塩の重さは何gですか。
5%の食塩水100gと8%の食塩水100gをまぜました。
このとき、できた食塩水にふくまれている食塩の重さは何gですか。

14. はづきさんは20%の食塩水300gに水を何gか加えて、15%の食塩水を作りました。
水を何g加えましたか。

15. ちあきさんは、360ページある本のうち1日目は本全体の1/9(9分の1)を読みました。
2日目は、1日目の1.5倍のページを読み、3日目は残りのページの2/5(5分の2)を読みました。
残っているページ数は何ページですか。

16. 落とした高さの80%はね上がるボールがあります。
3回目にはね上がった高さが2.56mだとすると、はじめに落とした高さは何mですか。

17. 円グラフで全体の40%を表すおうぎ形の中心角は何度ですか。
Aの2倍とBの3倍が等しいときAはBの何倍ですか。

「学ぼう算数!」を使います。

現在の教科書を越えた内容が含まれている小学生の算数の内容の解説書です。
栄翔塾では学習の先取りをする上でこの解説書を使用しています。
この解説書には、ゆとりの学習ということで学習内容が減らされる前の内容が含まれています。
教材を扱う出版社が小学校時代にこの内容を学習してもらいたいという願いをこめて作った独自の教科書です。
5年生分の中に比や分数のかけ算、ひき算の内容が含まれています。

解説は詳しいですし、練習問題も豊富です。

比の単元では、比の内項、外項の積が等しいという説明も加えられています。
この教科書でしっかり学習することで、中学になってからの数学をしっかりすすめることの基本の力をじっくりとつけることができます。

※数研出版『学ぼう!算数』、から下記URLにリンクしてください。

5年生の割合について

5年生の2学期までに小数を習った後に、小数の計算が必要となる文章題の「割合」の学習をします。
大人になって良く使います。大事な単元です。
ただ、教科書に載っている問題の量は多くありません。

栄翔塾では、この割合の問題をしっかり理解するために、徹底的に様々な問題を学習します。
そのために、分数のかけ算とわり算を先取りして学習します。
割合の計算をする上で、小数の計算だけでは、不十分だからです。

英語を積極的に進めます。

算数ができる小学校5年生は、小数の学習を終えると文章題の問題を取り組むことになります。
分数のたし算とひき算を習うことになります。かけ算とわり算についても学習を進めます。

学校の進み具合を見ながら、英語の学習を積極的に取り入れます。
ローマ字があいまいな生徒もおりますので、まずアルファベットが書けるかを確認します。

アルファベットを少し学習した後、発音を聞きながら単語、基本の文と学習を進めていきます。

PAGETOP