千葉県東金市にある学習塾です。効率よく学習を進めることができ、復習も予習もはかどります。 子どもたちの個性を見極めて、必要な学習内容と最適な学習方法を示します。 子供たちの力を最大限に伸ばします。

一次関数の応用問題(動点の問題)moving-point-of-problem

一次関数の応用問題(動点の問題)の解き方

2年生の一次関数の応用の問題で動点の問題があります。

栄翔塾では、次のように学習します。
問題は次の通りです。

「左の図の長方形ABCDの辺上を、ABCD順に毎分1cmの速さで動く点Pがある。
点PがAを出発してから、辺 CD上にくるまでにかかった時間をx分、そのときに

できる多角形ABCPの面積をycm2(平方センチメートル)とするときx、yの関係を
y=ax + b の形の式であらわしなさい。」

(画像をクリックすると、画像が大きくなり問題が見易くなります。)

moving_img01

ヒントの画面をの類題で解き方を確認します。

moving_img02

台形の面積を求めるために台形を2つの三角形に分けることにします。

ポイントは時間によって変化する三角形の底辺の長さを、時間であるx(エックス)で表すことができるかどうかということです。

底辺の長さをxであらわすことができると、解答にぐっと近づきます。

解くためのポイントも表示されます。

moving_img03

解答が導けたら、答えを入力します。

moving_img04

判定ボタンを押すと答えの正誤が即座に判明します。

moving_img05

1問1問に計算の過程も画面に表示されますので、間違ったときには、

間違いの原因がすぐに確認できます。

解説を見ながらなので、難しい問題も自力で解くことができます。

数学の得意な生徒はどんどん進めます。

PAGETOP