千葉県東金市にある学習塾です。効率よく学習を進めることができ、復習も予習もはかどります。 子どもたちの個性を見極めて、必要な学習内容と最適な学習方法を示します。 子供たちの力を最大限に伸ばします。

一次関数の応用問題(面積の問題)area-problem

一次関数の応用問題(面積の問題)の解き方

2年生の一次関数の応用の問題で
2つの直線とx軸またはy軸で囲まれた面積を求める問題があります。

次のような問題です。

「y=2x-1 で表される直線l(エル)とy=-x+5 で表される直線mの交点をAとする。

直線l、mとx軸との交点を、それぞれB、Cとするとき

△ABCの面積を求めなさい。ただし座標の1目盛りを1cmとする。」

よくテストに宿題されます。

栄翔塾では、次のように学習します。
次のような画面で問題が出題されます。

(画像をクリックするとよく見えます。)

area_img01

ヒントのボタンを押すと似た問題と解き方が表示されます。そこで解き方を確認します。

area_img02

問題を解く上で役立つポイントも表示できます。

area_img03

生徒には問題の一次関数を実際にグラフ用紙に描いてもらいます。
その上で、2直線の交点Aの座標を、2つの直線の式を連立方程式を解いて求めてもらいます。

その準備を経て計算です。

BとCの座標(この問題ではx座標)を、2直線の式のyに0(ゼロ)を代入することで求めます。
計算で求めたA、B、Cの座標が正しいかをグラフ上で確認します。

3つの座標が分かると三角形の底辺と高さが判明します。

そして、答えを入力し、判定ボタンを押すと答えの正誤が即座に判明します。

area_img04

1問1問に計算の過程も画面に表示されますので、間違ったときには、間違いの原因がすぐに確認できます。

解説を見ながら、難しい問題も自力で解き易くなっています。

数学の得意な生徒はこのやり方で難しい問題のやり方もどんどん習得していきます。

PAGETOP